カテゴリー「爺様の介護メモ」の記事

2014年5月 6日 (火)

ナトリウム依存症

気になるキーワード


「ナトリウム依存症」


人が一日に必要なナトリウムの量は0.6g
この数値は日常発汗等で排出されるナトリウム量から引用されている数値

=必要摂取量として解釈されている


日本人の平均摂取量はナトリウム4g
食塩換算すると10g

必要摂取量を食塩換算すると1.5g


必須栄養素でもあるナトリウム
ところが、このナトリウムの過剰摂取が続くと
ナトリウム依存症に発展

この依存症の原因となる脳内に生成される物質は
薬物依存症のそれと同じ性質を持つらしい・・・


思い当たる事はありませんか?

ナトリウム依存症

塩分を摂る事が、食事の嗜好や満足に繋がってる方
つまり快楽に直結していると言う事


ナトリウムの過剰摂取は依存性を伴うと言う事
万病の元、高血圧の直接的な原因になる事


ナトリウム依存症

とっても気になるキーワード

続きを読む "ナトリウム依存症"

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

日々トレと心の再起動

爺様脳梗塞を発症して3年9ヶ月
リハビリ専門病院でみっちり半年訓練の後、自宅から通所リハビリの毎日
それも既に3年経過

現状
・パジャマのボタン掛け違い多発
・ズボンの前後ろミス時々
・段差上り下り手順NG
・食べこぼし毎回
・閉口して咀嚼NG
・時間管理NG
・電動シェーバーによる髭剃り残し多発
などなど・・・

この中で
・パジャマのボタン掛け違い多発
・ズボンの前後ろミス時々
・段差上り下り手順NG
に関してはリハビリ専門病院からの退院時に習得していたもの
後退してます@@

通所リハビリで新たに習得したもの
・読み書きの正確さ向上
・会話の正確さ向上
・記憶の正確さ向上
・悪態のつき方向上@@
・小遣いの要求度向上@@
・話題の豊富さ向上
・歩行時の安定度向上
・ベッドの上り下り速度向上
・歯磨き速度向上
などなど・・・

総じて、通所リハビリで受けられる理学療法(フィジカルトレーニング)に関するもの、日々の会話やレクレーションに関するものについては向上傾向
反対に、作業療法(服の着方、食べ方、安全な段差の越え方)に関するものは後退してます
・・・作業療法のリハビリ受けられないし当然か;;


中でも自宅にて特に力を入れているのが食事時のトレーニング
自宅なので家族リハビリです

「決まった時間に、きちんと確認して、正しく食べる」を目標に

・定時18時の夕食に、自身で時計を見て判断し食堂へ
・正しく座って、真っ直ぐ位置に付き
・食べ残し、食べこぼしの無い様に

伯母に言わせれば、元気な旦那でも行儀悪く食べるし、歳取ったらそんなもんやで、自分で食べれるだけええやん

そりゃそうです、生きる事には直接関係ありませんからね
ボタン掛け違ってても、ヒゲ剃り残ってても、生きて行ける
誰かに介助受ければそれで済む事ですしね・・・

リハビリの意味って何でしょう
失った機能の回復と習得の為のトレーニング
そうであるとするなら、人間らしく尊厳を持って生きられる様に、自立の為のトレーニングも必ず必要ではないかと思います

一番近くの家族がそれを止めてしまえば、そこで終わり
本人も周りも障害なんだと割り切れば、ある意味楽になるのかも知れませんが、もしこの先に回復と言う結果が待っているとしたら・・・

諦める事は出来ません
止める事は出来ません


これが結構辛いんですけどね;;
だって、家族以外の他人は、障害を持った人の何か良い所探して必ず褒める
より悪い状態と比べて褒める、今を褒める
本人は褒められて納得してこのままで良いと思う
本人が止まってしまう事が一番の妨げになってしまう


↑これと戦うエネルギー、めっちゃ必要です;;
一旦止まってしまった心を再起動させるの大変なんですよね><


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

| | コメント (11)

2008年12月 5日 (金)

介護施設の実情

先般、TV放映されてた介護問題についてのシリーズもの
今回は介護施設についての特集
しばらく前から介護施設について興味がありタイムリーな話題だった

介護施設の収支に関わる仕組みについて、詳しくは書ききれないけど、超約にて・・・


受け入れ患者(要介護者)が利用する施設利用料と介護サービスを点数化し、政府からその点数分の報酬を得る、それが主な収入
診療報酬明細書による医療施設と同じですね
施設利用者は施設利用料と介護サービス料のうち1~3割負担で利用出来る
但し、診療報酬明細の項目として認められていない、食事代、おやつ代、教材などの娯楽費、衣服等のレンタル代などは実費負担となる
他にも個室利用やと相部屋との差額を実費負担したり・・・

番組に登場する施設管理者は、上の診療報酬の基礎額が低すぎる故に様々な問題が出ており、患者へのサービスにその影響が出ていると問題提示する


診療報酬月額は診療点数に政府が定めた基礎額を乗じて支払われるのだが、基礎額の引き下げにより、必要人件費(賃金)や必要人員(雇用)が満足に賄えない状態

医療施設でも時折問題になるが、設置したベッドが常に満床の状態にもならない限り、付加サービスに回せる費用が捻出出来ないと言う
患者数の多い都心部と、そうでない地方、これは地域格差を生む大きな原因になっている
また、診療報酬の基礎額も施設の規模(ベッド数、医師数など)によって額が異なる為、相対的な患者数=ベッド数とでも無らなければ施設の維持、安定した雇用が難しい状態

加えて労働条件の悪化、雇用人員の欠如によって改善の見込みは無く、より悪い方向へ、さらに離職率の高さ、もう悪循環としか言い様が無い状態


基礎額引き上げに関して、政府は一貫として予算が足りないと言う
対策は増税して予算拡大の一点張り
「こんだけ皆さんが困っているのですから、増税に協力してください」
ならまだしも、いや、困るんやが「増税も止むを得ない」だと・・・


またタバコ税の話が沸いて来てます
・・・旧国鉄の借金肩代わり税はどうなったのよ?
ねぇ、愛煙家の皆さん

沢山煙草吸って患者救おう!
沢山飯食ってBeer呑んで服買って消費税払って年金受給者助けよう!
そこの年金受給者の皆さんや将来に備えて一生懸命貯蓄してる皆さ~ん!
将来は安泰ですよ~旅行や旨いもん食べてもっと消費してくださいね♪
それが皆さんの将来の安泰に繋がりますよ~!!!
そのうち少しだけ引退した偉いさんが作った財団法人の給料にしますから了承してくださいね♪


あほらし


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

| | コメント (3)

2008年9月30日 (火)

孫への葉書(2)

前回、孫への葉書を書いたのが’08/07/02
あれから約3ヶ月、再び爺様の葉書チャレンジ!

20080928


姉家から届いた季節の贈り物
「梨」
そのお礼を孫宛てに書いた葉書

前回より文字列が平行になって書けている・・・が
やはり左側の空間への意識が出来ていない様子
単に書く事が無かったのかとも思うが
最後の

「バイバイ」

の位置見ると、やっぱ認識出来てないんやろね、残念;;


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

| | コメント (7)

2008年9月10日 (水)

年金(既に受け取ってる者視点)

小難しい話はしません
今起きてる事を書いときたいと思います

親父69歳
現、厚生年金受給者
身体障害者1級

収入はもちろん年金のみ
満額受給から医療保険差し引きされて17万/月ちょっと

月々必要な出費
・固定資産税 1万/月
・市府民税 1.3万/月(※世帯計なので参考)
・デイ・サービス 2.2万円/月
・ショート・ステイ(1泊2日利用/月) 0.8万円
※後期高齢者医療費用負担、先月から2.8万円x3ヶ月(年金相殺準備期間の為)
残金 8.9万円(来月までこのまま)

この中から、光熱費、食費、消耗品、散髪代、医療費、任意保険代(火災保険や医療費用保険など)、リハビリ代を賄わねばなりません
もし、身寄りが無く単身で、アパート住まいやったとしたら・・・

加えて家賃引かれーの、訪問介護頼みーの・・・
銀行だって一人では行けません、そもそもお金の管理出来ません
給食頼んでも実費負担、買い物行ってもらうのも人を雇わねばなりません
もし、災害事故に見舞われたり、アパートの大規模修繕なんかの臨時費用出たら家賃払えませんよ・・・家失いますよ

私の伯父、ずっと大工で生計立てて来ました
もらってる国民年金・・・夫婦で7万円だそうです

年金崩壊、これは我々これから世代の話
先代は既にその負担すべきモノ負担し終わってます
その世代が生活出来ない
これから師走に向けて老々介護の心中話出て来ます

もう一つ

身寄りが居ても、要介護が必要であれば誰かが介護せねばならん
たまたま縁が無くて結婚出来なかった方
介護しながら満足な勤務時間取れません
=普通の会社員出来ません、この時代
先代の介護だけの問題じゃ無いです、今の介護者のこの先も闇に預けなければなりません
より一層配偶者を迎え難くなります
そんな家誰が背負って嫁ぐものかと・・・


TVで「国は死ねと言うのか」とコメントしてるデモ見かけます
或いは、老々介護の無理心中もそのアピールなのかも知れません
念願のバイパス出来た
福祉の観点から素晴らしい施設を建てた
大切な地域のコミュニケーションの場だった施設の取り壊し反対
年金問題の財源確保を最優先に
・・・ほんま老いて見ろと、介護して生計共にして見ろと

今共産党の支持者が拡大してるとニュースで見ました
蟹工船?
違うと思う、理念や思想はおいといて、いっそ・・・分かる気がする

平等と民主主義、相反するのかなぁ
これは貧しさとかの問題じゃ無いと思うんやけどなぁ

| | コメント (8)

2008年7月16日 (水)

爺様の癖について

「無くて七癖」

元気な頃の爺様の癖ってナンダロウ?
記憶辿って考えて見る

・・・

・・・

・・・

台拭きいじり、丼物混ぜ、箸舐め

実際あんまし癖ってな癖思い出せない
興味無かったもんな親父なんて@@

発病して入院、んでからリハビリ入院を経て通所介護の現在に至るけど
どこで覚えたか咀嚼時の開口&音
そして、絶え間ない入れ歯の如き口もごもご
(爺様入れ歯なんざありませんよ)
これねすっげー気になるのよね

爺様元気な頃は他人のくちゃくちゃ音とか食べこぼしとかにはめっちゃ五月蝿かった
同僚との食事で音が気になって満足に喉を通らなかったとか
あいつは汚い食べ方しよるから一緒に食事するの嫌やとか
良く愚痴ってたのよな

どっこい現在
爺様くちゃくちゃ音立てるし口開けたまま咀嚼しよるし
よくよく観察して見ると
自分ではきちんと口閉じて食べてて
音も出して無いと思ってるのよね
口がもごもごしてるのも気付いて無い;;

注意しても分からない
一度デイ・サービス先で音が鳴ってるか、気になるか、ケア・スタッフに聞いたらしくて
「気になる音出てませんよ」との回答得たもんで、気にし過ぎるお前がおかしいとまで言ってましたよ;;

自宅介護になってから夕食時の咀嚼を注意してトレーニングを心掛ける様に伝え続けてたんやけど、いかんせんこればっかりは代わりに咀嚼してやる事も出来ないし・・・
口もごもごに関しても、チューインガムで顎のトレーニングとか、奥歯噛んで顎動かさないとか・・・
どうしたもんかとずっと悩んでおりました

そんな折、ついに閃いたんですよ!

続きを読む "爺様の癖について"

| | コメント (4)

2008年7月 2日 (水)

孫への葉書

20080701
孫への葉書
(文面が平仮名なのは孫への配慮)

昨日古希を迎えた爺様
お祝いの電話をくれた孫へのお礼にと葉書を書かせてみる
自宅介護始めた頃から食後の書き取り練習を習慣にしています
左視野不認識へのリハビリとして取り入れ
約2年程の成果が上の画像です

続きを読む "孫への葉書"

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

古希祝い

今日で爺様69歳です
古希です
お祝いです
オメデトウ><b

血圧高いし普段は禁止やけど・・・

お祝い特別メニュー(Beer付)
080701_002


・・・家族はうどん定食><b

| | コメント (0)

2008年6月23日 (月)

うっかり爺様

今日は月曜日
一週間の始まりですな@@

いつもの様にデイサービスの準備
いつもの爺様朝食メニュー作って・・・

ん?

「爺様なんでパジャマなん?」
普段ならもうすっかり着替え済んで朝食待ちなハズ

爺「ちゃんと着替えとるがな」
服つまんで再確認

「どう見てもパジャマやないか」

爺「上下揃いの服ちゃうんかぃ?」
姉に貰った父の日のプレゼントパジャマ
微妙なデビュー@@

| | コメント (2)

2008年1月28日 (月)

自宅介護で困る事

月一で利用しているショートステイ
そこで介護者の懇親会が催されるとの事
自宅介護での問題点や悩み事など
参加者で共有して改善に役立てようと言うもの

悩み事や困っている事などを話し合う

時間が取れず参加は出来ないけれど
ふと考える

自宅介護で困ってる事なんだろう?
・休みが無い
・日々のサイクルをこなすだけで精一杯
・爺様が居る間は気が休まる事が無い
・休みをお金で買っている状態で経済的に苦しい
・2年かかっても簡単な確認作業を習得してくれない
・気が付けば怒鳴っている・・・

気が付けば怒鳴っている
気が付けば怒鳴っている
気が付けば怒鳴っている

やべ泣きそう
俺、介護者やのに・・・

| | コメント (2)