« 大失望 | トップページ | お花見キャンプ »

2014年4月 1日 (火)

消費税の話

ざっくりと。

消費税が非課税となる3大業種
・医療
・介護/福祉
・教育

消費税増税によって売上に影響が少ない業種とも言えます。
反面、設備面の投資、維持の費用等、動産に掛かる費用は消費税が課税されます。
今まで100万で維持管理出来ていた施設が、今日以降103万円掛かると言う事。
その差額3万円はどうやって補填するのでしょう。


消費税が申告免除される事業所
・課税売上が1,000万円以下の事業所

消費税を支払って仕入れた原材料に付加価値を載せ販売する。
販売価格には消費税上乗せ。
1,080円で仕入れ2,160円で販売。付加価値分の80円は誰が負担してるのか。
その分納税されないで何に使われているのか。


段階的に10%まで引き上げる計画なんでしたっけ。
用途は100%社会福祉へ。


上記の3大業種については、診療報酬の改定等で差額の3万円を国が負担するらしい。
消費税の用途と合致してはいるが、増税の結果の補填ておかしいよね。

世の中には頭の良い人沢山居るはず。
変えて欲しいな、未来を。


4月1日の記事として、皮肉を込めて。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村


1,000万以下事業所について補足。
月~土稼働で33,333/日売上平均で1,000万弱。
駅前一軒間口の飲食店並ってとこか。
家族経営の町工場だと納品先に消費税カット要求される事も珍しくは無いし、
実際は節税どころの話では無いのかも知れません。
他は農家など一次産業の大部分も含まれるかもね。

申告の仕方次第で節税出来る。
5人家族でMax5,000万まで免税。
そんな事を売りにして仕事得てる税理系自由業。

また蛇足。

|

« 大失望 | トップページ | お花見キャンプ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大失望 | トップページ | お花見キャンプ »