« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月に作成された記事

2014年3月30日 (日)

山田池ウォーク

20140329_27


山田池公園
2014/03/29


20140329_4


20140329_5


20140329_6


20140329_7


20140329_8


20140329_13


20140329_17


20140329_23


20140329_25


20140329_38


20140329_44


20140329_49


続きを読む "山田池ウォーク"

| | コメント (0)

2014年3月29日 (土)

流れ橋ウォーク

20140328_1


京都府八幡市 上津屋橋
2014/03/28


20140328_3


20140328_22


20140328_4


20140328_24


20140328_27


20140328_33


20140328_35


20140328_70


20140328_65


20140328_75


続きを読む "流れ橋ウォーク"

| | コメント (0)

2014年3月28日 (金)

無麻酔歯石除去の話

昨今、ワンコの口腔ケアの重要性が広く認知され始め、
日頃の口腔ケアについては関心も高いと思います。
その中でも注目度の高い・・・

「無麻酔歯石除去」

についてざっくりと。


疾患や怪我の治療に於いて、全身麻酔に対してのリスクを懸念する声が多く、
特に小型のワンコにとって全身麻酔を施す事は出来れば避けたいと考えるオーナーも多いと思います。
ご存知の通り、ワンコの歯石除去に於いては全身麻酔下にて施術するのが基本。


・歯石について

ワンコの歯石は、食べカスが口腔内細菌によって分解され、歯垢となって歯に定着。
およそ3日~4日で歯垢が石灰化し歯石になると言われます。
歯垢の段階では歯ブラシは勿論、ペーパータオルでだって除去可能。

一旦歯石になって定着してしまうと、スケーラーを使って剥がす削るをしないと除去出来ません。
歯石は口腔内細菌のコロニー。
放って置くと歯周病へと発展し、この炎症が歯の根にまで回ってしまうと、
歯を支える骨を溶かし、嚢胞(のうほう)となります。

この辺りは人間の歯と同じですね。

嚢胞(膿溜まり)の段階にまで進んでしまうと、酷い痛みと発熱を伴い、
マズルの長いワンコの場合、前歯なら鼻の中に、奥歯なら目の下に抜ける事もあります。


・歯石をどうやって除去するのか。

歯石が付着し易い場所って何処でしょう。
歯の隙間、根元、歯茎との境目。
器用な方なら、市販のスケーラーを用いて除去されてる方も居ると思います。
(当家はこのパターン)

091203_6

ワンコが何処まで処置させてくれるかの差はあると思いますが、
無麻酔下での歯石除去もこのパターンだと思います。
見た目はとっても綺麗になります。
特有の悪臭もかなり改善されるはず。

100304


が、ここで一つ警鐘を鳴らしておきたい点があります。

無麻酔下で除去出来る歯石は、歯茎から露出した部分だけと言う事。
見た目は非常に綺麗になります。
でも、歯の動揺が進んで根にまで歯石が回っている場合、
歯茎を切開せねば歯石の除去は出来ません。
つまり、歯周病の進行を止める事が出来ないと言う事。


20140310_1

この歯は今年抜けたNagiの奥歯です。
保護犬であるNagiは2歳弱まで口腔ケアが為されておらず、
引き取った際はびっしり歯石が付着、歯の動揺が既に進行していました。
その後6年間、私の手によって口腔ケアを続けて来ましたが、
上の画像の通り、歯の根部分に歯石が付着してしまっています。

歯石が付着すると、再び歯茎が歯に付く事が出来ません。
故に根に歯石が付いてしまうと、不安定になって動揺する。
終いには抜ける。抜けたのが上の画像と言う訳です。
※右側の上部2~3mmが歯茎から露出する部分、それ以下は歯茎に埋まっている部分です。


・無麻酔歯石除去は治療では無い

日本獣医学会は無麻酔歯石除去について、以下の様に警鐘を鳴らしています。
無麻酔下の歯石除去について


無麻酔下での歯石除去はあくまで審美的な処置、予防的な処置だと知る事。
歯由来の疾患を治す治療では無いと言う事。
根にまで回ってしまった歯石は除去出来ないと言う事。

その点、しっかり踏まえた上でご判断下さいね。


※関連記事:歯石取り

続きを読む "無麻酔歯石除去の話"

| | コメント (0)

2014年3月27日 (木)

顔 - Face -

20140316_20

              ↑↑↑

081016_86


               ・・・


             続きまして


               ・・・


20140316_19

              ↑↑↑

081016_100


               ・・・


               何か


               ・・・


             良かった(ホッ

続きを読む "顔 - Face -"

| | コメント (0)

2014年3月25日 (火)

右 > 前 > 左


待て!


20140321_32


右!


20140321_34


前!


20140321_35


左!


20140321_36

Uoo子アウト


続きを読む "右 > 前 > 左"

| | コメント (0)

Nagi抜糸、イボ検査結果、血液/MF検査

・Nagiのイボ切除部の抜糸

経過良好、もう暫く塗り抗生剤を続け治癒を待ちましょう。


・イボの組織検査結果

繊維付属器過誤腫との評価。完全切除により治癒するとの事。
先のレーザー切除ににて病変は摘出されている様に見える。
臨床的挙動は良性。

※繊維付属器-過誤腫
繊維付属器 : 毛包、皮脂腺、汗腺の事。
過誤腫 : 腫瘍と奇形の中間的な病変。

骨突起を覆う皮膜など機械的刺激を受けやすい場所に発生することが多く・・・。

要するに、膝関節の表面に出来た、毛包や皮脂腺由来の瘤(こぶ)。
放置すると、嚢胞(のうほう)や二次的な炎症反応が出る事もある。
完全切除で治癒出来るので、切開の負担が少ない小さいイボのうちに取っとくが吉。


・血液検査/MF(ミクロフィラリア)検査

Uoo:A' ※超緊張しぃなので「'」付の評価(笑
Nagi:A

共に異常値無し、MF(-)

Uoo:BW4.2kg
Nagi:BW3.7kg

イベルメック×10ヶ月処方
4月に入ってから狂犬病予防接種の予定
(枚方市は年度4月1日区切り)

| | コメント (0)

2014年3月24日 (月)

保護枠を持つって考え方

保護枠を持つって考え方


小生今年で44歳。
万博景気で上京した島国出身の両親に育てられ、
ワンコとの最初の触れ合いはダンボール仔犬。
番犬思考、外飼い、チェーン係留。
医療費掛かるなら飼育放棄、または捨てる。
町にはそこらじゅうで繁殖、人馴れした野犬は普通。
散歩なんて木刀持って出掛けてました。
いつ出会うか分からない血気盛んなオス犬に対抗する為です。

お年玉貯めて初めてお金出して買った仔も親に捨てられました。
子供心ながら・・・
保健所に連れて行くことの方が正義だと思ってたぐらいです。


成人し、世帯を背負う様になって再び飼い始めたワンコ。
暗黙に罪悪感が有り、ワンコ飼う事を敬遠し続けてました。
有り勝ちなPetShopの安売りの仔の中に見出してしまい、
再び飼い始めたワンコ。それがUooです。


それなりに経験があると思ってました。
心の中にワンコぐらいって思いもありました。
今は便利な世の中です、ネットでいくらでも情報を拾える。
仰け反りましたよ、本当に。
持ってた知識なんて全く持って役に立たない。
それどころか真逆だし、全く違った。
私が読んでた飼育本、警察犬訓練士の書いたその本は体罰式。
リードの引きを矯正するには「リードで鼻先打て」でしたし、
叱る時は丸めた「新聞紙でコンと殴れ」だった。

現在、そんな記述を見る事は一切ありません。
でもね、少なくとも私より上の世代の飼育法ってそんなんだったんですよ、教本がそうだったんだから。


現在目にする個人の多頭飼育の崩壊現場。
悲惨でしょ。
でもね、地方行けば未だにあんな風景転がってる。
決まってご老人ですよ、飼い主。
飼育方法のバージョンアップが出来なかった結果なんです。
困ってるはず、悲惨なのは分かってるはず、
でも手放さないんです。間違ってるとは思ってないから。

そんな環境で育った私の世代にも残ってます。
その名残りと言いますか、残党と言いますか。
躾は人からって言うでしょ。本当難しいんです、人を変えるのって。

純血連れてると「仔は取った?」
二匹飼ってると「仔が産まれたら分けて?」
そんな事が当たり前の時代だったんです。


人の家族があって、ペットが居て、
何かの時に助けて上げられる一枠を見越して家計を組めたら。
余裕がある分だけ、手数がある分だけ増やしてしまうのでは無く、
いつか来るかも知れない、保護枠を持ってて欲しい。

そんな未来が来たら、来れば、きっと変わってます。
次の世代に何を残すかは、今生きてる我々の判断に掛かってる。
そんな事を考える日々です。


UooがくれたモノをNagiに返し、
Nagiがくれたモノを社会に返したい。

へんこな親父ですみません。
読んで頂き、どうも有難う!


王様レシピ管理人

続きを読む "保護枠を持つって考え方"

| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

14時 / 15時

14時 気温16℃

「日当たり良好」


20140323_4


15時 気温16℃

「日当たり・・・」


20140323_11

続きを読む "14時 / 15時"

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

肥遣り職人と春を感じる犬

20140322_13


20140322_14


20140322_15

続きを読む "肥遣り職人と春を感じる犬"

| | コメント (0)

2014年3月21日 (金)

ご飯待ち

20140321_53


進入禁止ゾーンの前で待つチビ達


「作ってんの母ちゃんやで?」

続きを読む "ご飯待ち"

| | コメント (0)

2014年3月19日 (水)

個人繁殖~命の責任 ※追記あり

※くれぐれも今ある生命や家族を批判や中傷で叱責される様な事はしないで下さい。
※筆者が伝えたいのは過去の事ではありません、この先の未来の事です。
※どうかその点だけはご理解の程、よろしくお願いします。
※以下、個人繁殖に対する私の考えです。


命に責任を持つと言う事は、
人を選んで里親を探す事ではありません。


仔の一生を背負うと言う事。


<生涯家族>
里親の連絡先を常に把握しておく事。
里親の経済的、物理的な事情は勿論、
飼育放棄や虐待の際に速やかに引き取る準備がある事。
里親からの相談には的確に応じる事。


<健康責任>
適切なワクチン摂取、定期的な健康診断を受けさせる事。
先天的な疾患が出た場合や、
躾や飼育環境、性格や病気でトラブルになった時に、
的確なアドバイスが出来る事。


<再発防止>
再び繁殖に用いられる事が無い様、
個人繁殖の危険性と必要な知識をきちんと理解してもらう事。
※ここが理解出来ない人へ仔を渡し続けている限り、行き場をなくした仔が減ることは無い。
※また、個人繁殖を行う上での最大の矛盾でもあります。


<約束事の明示>
口約束では無く、書面で取り交わしておく事。


最低限、これらの事は必要だと思います。
家族を里子に出すんだから、当たり前の発想。
そして産ませた責任だと思います。

不慮のトラブルが発生した時に守ってやれるのは、
新たな飼い主は勿論、産ませた貴殿のはず。

ペット先進国では、病死の折には解剖に同意させる契約を取り交わす例もある様です。
徹底的に死因を究明し、次代へ残させない為、
また、同胎の兄弟姉妹への注意喚起の為です。


以上が筆者が学んだ命の責任です。
強制されるものでも、押し付けでもありません。
ただ、そうであって欲しい。知っておいて欲しい。
それだけです。

詳しくは

「バックヤードブリーダーの問題」
で検索されると情報が拾えると思います。

個人繁殖の危険性について実に完結で分かり易い引用があります。
Yahoo知恵袋での質問で、ベストアンサーに選ばれた回答です。
是非ご紹介しておきたいので、追記としてリンクしておきます。

「個人による犬の繁殖について」

続きを読む "個人繁殖~命の責任 ※追記あり"

| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

瞳の中のアイソメトリック


20140316_6

続きを読む "瞳の中のアイソメトリック"

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

Nagi子7歳5ヶ月


人年齢で言うと48歳やて


20140316_10


オバちゃんやね


20140316_11


ご飯


20140316_12


(笑

続きを読む "Nagi子7歳5ヶ月"

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日)

ブリーダーの話~バックヤードブリーダー

2014/03/16 末尾に追記


※くれぐれも今ある生命や家族を批判や中傷で叱責される様な事はしないで下さい。
※筆者が伝えたいのは過去の事ではありません、この先の未来の事です。
※どうかその点だけはご理解の程、よろしくお願いします。


ブリーダーの話~前置き


ブリーダーの話~バックヤードブリーダー


ざっくりと。

Backyard:裏庭
家庭菜園の事をバックヤードファーマーなんて言ったりします。
バックヤードブリーダーとは個人規模で生産を行うブリーダーの事。

とても範囲が広く、
博学な知識を持ちつつ、コンパクトに繁殖されてる方から、
外飼いの仔が勝手に交配し繁殖しちゃった的な方まで。
勿論、ブリーダーと名乗るには犬舎登録が必須なので、
基本的には後者はブリーダーではありません。

ただ、圧倒的に生産頭数が多く、
過去も今も保護の対象になったり、
殺処分の対象になっている仔達の出身です。


犬の繁殖に関する知識は勿論、
基本的な飼育方法までも知らない方達。
優秀な血統で是非仔取りをと勧められた方達。
避妊と言う概念を知らない方達。
可愛いからと増やす方達。
パピーが転がる愛らしい風景に憧れ産ます方達。
犬は安産だと調べもしないで語る方達。
過去産ませた経験があるってだけで犬の出産とは?を語る方達。
皆一様に言います。

「可愛い」「愛する我が子」「責任を持つ」「もし人間だったら」

全頭飼育前提で産ます。
これはこれで問題もあるのですが、まだ良いとは思います。
その価値観を他人に植え付けないで頂けるのであれば。


最近のPetショップ。
○☓△犬舎出身と名札に書いてあります。
WEB通販の生体販売。
○☓△犬舎出身と名札に書いてあります。

ブリーダー出身なのかと安心していませんか。
ワンコ飼いの方はブリーダーから買いなさいと教えるし、
あぁ、安心だと。

冒頭に書いた非常に範囲の広いバックヤードブリーダー。
ブリーダーって言えばブリーダーですよ、確かに。
ただ、規模が小さいだけに厄介なのです。


19191960_1686063558_1large


飼育頭数も知れてる。
それなりに良い環境も保ってる。
但し、知識を深める事はしない、知らない、浅い。
見聞を広める事もしない。
清潔で伸び伸び運動が出来る我が家の犬舎。
いつでも見に来て下さい!
ってコメントの付いたレアカラーばかりの作出者。


優秀な仔なので将来仔取りも出来ますよ、
なんて口説き文句に釣られちゃいけません。
この先どんな疾患が出るかも分からない。
性格だって飼育環境でだっていくらでも変化します。
本当に優秀なら犬舎が手放すはず無いでしょう。

仔取りしたいので、交配の為、一時犬舎に戻して下さい。
そんな事を言ってくる犬舎もある様です。
成熟した犬の今を見ないで何故「種だけ」を欲しがるのか・・・。


希少なカラー(毛色)のハズの仔達が雑多に作られ、
ラブやダックスは腰が弱い前提でDrが診察する。
家族だからと見捨てずに治療を続け、
高額な医療費を負担し続けるご家族。本当に頭が下がります。
しかし、負担が生活を圧迫する様になったらどうなりますか。

捨てる奴が悪い。
見放すなんて信じられない。

原因が他に隠れている事、何か気付いて頂けましたか。


凄惨なパピーミルは淘汰されつつあります。
次に我々が目を向けて変えなければならないのは、
今もブリーダーを名乗る無知な輩。
そして、可愛いだけで産ますオーナー。


気付いて変えていかないと、ね。


加えてもう一点

動物愛護管理法のH17改定以来、
商いとしてブリーダーを行うには国への登録が義務付けられ、
改定を重ねる度に法の及ぶ範囲や規定、罰則が拡大しています。
これにより悪質なブリーダーは淘汰の方向へ向かっています。

但し、商いではない繁殖に関しては、
まだまだ手付かずの状態です。

近所でお見合い、産ませて分ける。
欲しいと言う知人の為、親戚の為にだけ、血統書取る為に犬舎登録。
ただ飼ってると言うだけで繁殖に必要な知識を持ってると勘違いする。
非常にありがちなパターンの一つです。


気付いて変えていかないと、ね。


行き場の無くなった仔達。
少しでも減らしたい。

種を高める事に費やしてる方々。
健全な交配を心掛け、健康な仔を提供する方々。
行き場を無くしてしまった仔達の未来を繋ぐ方々。
そして、生涯を共にする我々。

何処かだけ変えれば済む問題ではありません。
関わる全ての方々が学んで変えて行かないと。


※くれぐれも今ある生命や家族を批判や中傷で叱責される様な事はしないで下さい。
※筆者が伝えたいのは過去の事ではありません、この先の未来の事です。
※どうかその点だけはご理解の程、よろしくお願いします。

尚、今回の記事を書くに当たってブリーダーの助言を頂きました。
現場での生きた意見を頂けた事に感謝。

続きを読む "ブリーダーの話~バックヤードブリーダー"

| | コメント (2)

2014年3月15日 (土)

ブリーダーの話~前置き

ブリーダーの話~前置き


例の如くざっくりと。でも二回に分けて。

Breeder:Breedする人の事。
Breedとは孵すとか飼育するとか繁殖させるとかの意。
ワンコの世界で言う所のブリーダーとは繁殖者の事。
または、正当な品種を維持改良する者の事。

こやってblogを読んだり書いたりする方なら、
既にご存じだろう問題。
行き場の無くなった仔達が今も溢れている現状。

一括りにブリーダーと言えど、
その趣旨や方向によって大きく違います。
脱ペットショップ、脱陳列販売、勿論賛成。

じゃどこから迎える?ブリーダー?でもブリーダーって?
そこんとこについて、触れてみたいと思います。


19191960_2053173795_239large


正当な品種の維持改良を目的としてブリードする者。
深く知識や見聞を持ち、種の保存に注力しているブリーダー。

⇒研究者タイプ、トップブリーダー
※ちとニュアンス違うけど、「シリアスブリーダー」で検索

第一線で活躍されてる方に言わせると、このタイプ、
それぞれの犬種毎に日本国内で数人程度なんだそうです。


次に・・・

種の知識は特に持たず、設備のみで賄うブリーダー。
職業的、農業的な生産ですね。

⇒生産重視型のタイプ、パピーミルブリーダー

これについてはメディアも取り上げるし、
ブリーダー崩壊など悲惨な光景と共に焼き付いていると思います。


もう一つ、

なかなか問題提起されないブリーダー。
特に設備を持たず、個人規模で増やすタイプ。

⇒バックヤードブリーダー
※次回、ざっくり記事にします。


パピーミル系のブリーダー。
言うまでもありませんよね、
生き物をオークションで競売し、市場に流す。
過去Petショップで売られてた仔達の多くがこの出身です。
いや、まだ過去では無い現実。淘汰されつつありますが。

以前、このblogで記事にした血統書の話
もう親戚さん探しに登録してみましたか?
如何に友達や仲間やお知り合いと繋がる事か。

まさにパピーミルの現れなのです。
チャンピオン(CH)直仔(なおこじゃありませんよ奥さん)系はまだ良い。
優秀な血統を持つが故に子孫が増えるのは分かります。

・・・が、

同時に、氾濫するCH直仔。
直仔に釣られる我々も、責任の一端を担ってると思います。

その影で適齢過ぎて家庭犬として放出される親達。
肩書結構、名誉結構。健康で余生を過ごせるならば。


ブリーダーの話~バックヤードブリーダーにつづく

続きを読む "ブリーダーの話~前置き"

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金)

膝上炬燵


20140311_31


20140311_33


20140311_32


20140311_35


 「な」
 布団
 「う」
  膝

続きを読む "膝上炬燵"

| | コメント (0)

2014年3月13日 (木)

抗生物質の話

抗生物質の話


何かとお世話になる機会の多い抗生物質。
抗生剤なんて言い方もする。
その抗生物質についてざっくりお勉強。


20140312_1


読み方間違ってる方も多いんじゃないかな。
正しくは、

「抗-生物質」

「抗」はそのまま抗う(あらがう)。
「生物質」とは広く微生物(ウィルス等細菌)の事。

つまり、抗生物質(抗生剤)とは、
微生物やウィルスの類に対抗する為のモノ。
と言う事になります。

抗-炎症、抗-菌、抗-癌、抗-ヒスタミン etc


抗生物質ってのは主に、
細菌性の感染症を防ぐ目的で処方されます。
塗り薬だったり飲み薬だったり。

塗りは局所(患部)に直接塗布する事によって、
患部を保護、感染を防ぐ意図があります。

飲みは体に入った感染を引き起こす微生物を減らし、
感染を防ごうと言う意図です。


ところが、この飲みの場合、
直接体内に抗生物質を取り込む事で、
その効果も高いのですが・・・

悪い微生物だけを減らしてくれるのでは無く、
良い微生物までも減らしてしまうと言う事。
それが副作用として別の問題を引き起こす事があります。

腸内の善玉菌が減り、便秘や軟便、粘膜便、
抗生物質そのものにアレルギー反応が出る事も。
体内のろ過器である肝臓や腎臓にダメージを及ぼす事も。

また、常駐している細菌が減る事で、バランスが崩れ、
例えばカビ質が増殖してしまう原因にもなります。

デリケートな体質の患者なら、
整腸剤等、他の薬も一緒に処方される事も多いですよね。


感染症を防ぐ目的で服用する抗生物質。
だけど、多少なり副作用がある。
取り敢えず抗生剤飲めば感染症は防げるって話じゃなく、
時には抗生剤の服用を止める、見直すって事も必要だと思います。
勿論、信頼のおけるDrの指導の元で。


って事で、抗生物質のざっくり話でした。

続きを読む "抗生物質の話"

| | コメント (0)

イボ切除~経過3日

2014/03/12 縫合部は瘡蓋に


経過良好、上手く癒着している。
縫合部は瘡蓋に。
多少粘膜便の傾向。
明日から塗り抗生剤のみに切り替えよう。

引き続き、エリカラでは無く服を着せて傷口を保護。
特に傷を気にしている風でも無く、
縫合糸が露出して無ければ服もいらないかもね。

| | コメント (0)

2014年3月12日 (水)

よし!と言ってあげたくなるblog


待て!


20140311_8


よし来い!


20140311_9


待て!


20140311_11


よし来い!


20140311_12


待て!


20140311_13


一匹増えた@@


よ~っし、来~い


20140311_14


続きを読む "よし!と言ってあげたくなるblog"

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

2011.03.11

爺様が二度目の脳梗塞で入院二ヶ月の頃だった。
二日前に胃瘻の施術をして、経過観察中。
病院のロビーで津波の映像を観てた。
ロビーにいる皆が観てた。

千葉の姉から連絡が入ったのは数日後。
メールで家族全員無事です。
兎に角食料と水を送って。そんな内容だった。

メールが通る様になってからも、
兎に角情報が入らない、町の中の事しか分からない。
給水がどこで行われているか分からない。
コンビニもスーパーも食べ物や飲み物が無い。
風呂入りたい、余震怖い、逃げたい・・・。


・・・でも日に日に町の皆と協力して一つ一つ乗り越えて行くうちに、
逃げたいってメール来なくなった。
傾いた家の周りを総出で掃除、
流れないトイレでペットシーツ敷いて使う工夫。
ヘドロにまみれて手伝う小6の長男。
町の皆で背中を押し合って、支えあって、踏みとどまってた。


こちらからは、給水がどの地区で行われてるとか、
東北の状況はこんな風にNEWSになってるとか、
充電出来なくて一日に一回だけ電源を入れる携帯に送信し続けた。
出来るだけ短く、でも大切な情報を。

浦安地区の情報共有サイトにも情報を投稿したっけ。
公の給水場所のURLとかヤマトの復旧情報とか。
物資販売が開始されたスーパーやコンビニ、銭湯の情報なんかも。

物資の発送は取引あるヤマトに情報貰って、
少しづつ買い貯めてた水や生理用品や保存食なんかを送れるタイミング待ってた。


こやって書き出すと思い出して来る。
爺様の病院とミネラルW探してあちこち回ったスーパーやドラッグストアを往復してたあの頃。
被害の無かった関西でも買えなかった水。
数量限定の水。

物資が届く様になって、ダンボール7箱届いたって言ってたな。
うち以外にも旦那の実家や従兄弟や兄弟や。

二ヶ月分ぐらい物資届きました。
ご近所の方と分けながら使いますって。
なんだかこっちがほっこりして泣いちゃった。

あのワガママ姉がしっかり立ってるって。


悲惨な話だけで無く、あの日の事が切欠になって変わる事もある。
ただで起きちゃいけない。同じにしちゃいけない。

忘れちゃいけない。

| | コメント (0)

【閲覧注意?】

20140311_7


                ・


                ・


                ・


                ・


                ・


                ・


                ・


                ・


                ・


                ・


                ・


20140311_6

続きを読む "【閲覧注意?】"

| | コメント (0)

2014年3月10日 (月)

2014 シニアに向けた主治医の変更、イボ切除

今までの掛かり付けのAHは外科治療がメインの病院だった。
IGの骨折にも実績があるとの事だったので、
そのままお世話になっていた。

今年で7歳と8歳になるうなぎ:~ず。

そろそろシニアに向けた病気や疾患に目を向け、
眼科が得意な院長の居るAHへと移行する事に。


2014/03/10 初診

昨夜の一件もあり、今年以降のワクチン計画を踏まえ初診する事に。
今までの病歴や現在の健康診断を受け、カルテ作成。
AH変更の趣旨を説明し、院長による眼科の検診も受ける。

・抜歯のダメージについて
抜歯のダメージは、少々炎症が見られるものの治療の必要は無し。
抜歯箇所の消毒のみ。

・眼球について
二匹共に眼球眼圧眼底に問題無し。
Nagiは右目の虹彩に萎縮が見られるものの、定期的な経過観察と所見。
Uooは現状全く問題無し。

・Nagiのイボについて
左膝のイボ(2年物)、直径5mm。
現状の大きさならレーザー切除可能。局所麻酔、日帰りでOK。
大きく育ってから処置でも問題は無いが、全身麻酔下での切除になる。
レーザー切除はすぐに出来るとの事だったので、その場で切除して貰う。
処置時間10分程だったかで完了、思ったより大きく1針縫ったとの事。
術後は良好。抗生剤(塗りと服用)を処方。
イボ本体は組織検査へ。2週間後抜糸及び検査結果。

・Uooの耳垢について
綺麗に洗浄出来ているが、一部に炎症が見られる。
現在の洗浄で良い。抗炎症の点耳薬を処方して貰う。

・その他
口腔内は綺麗。歯石もOK。
歯の動揺に関して抜歯が必要な箇所は無い。

Uoo BW:4.0kg
Nagi BW:3.5kg

次回、2週間後に抜糸、検査結果
4月に入ってから狂犬病以下ワクチン計画

| | コメント (0)

犬の病気~感染経路の話

犬の病気~感染経路の話


犬が感染する可能性の高い、
ウィルスや寄生虫等の感染経路を纏めときます。


<経口感染によるもの>

感染した獣や虫を摂取、またはその排泄物から感染。
排泄物を直接摂取する事は勿論、
犬同士の挨拶や肛門付近を嗅ぐ際の鼻付けや、
踏んだ手足を舐める事によっても感染する事がある。

可能性のある感染症
・ジステンパー、パルボ、ケンネルコフ、コロナ、エキノコックス、ブルセラ等
・回虫の類

野生動物の死骸や糞便。
シカ等の有蹄類、ウサギやヌートリア、イノシシ、アライグマ、タヌキ、キツネ、ネズミ、クマ等

また、飼育下の他犬であっても、感染していれば同じ。
ワクチン摂取等の掲示を求められないDRや公共DR、公園等では注意。

※特に軟便や嘔吐物、衰弱した個体への接触があった場合は要経過観察。
※軟便や嘔吐が起こればすぐに受診。
※逆に他犬に接する場合も、産まれて間もない仔や体力の落ちた老犬等に鼻挨拶させるのは、飼い主としてマナー違反。自重すべき行為です。


<経皮感染によるもの>

ノミ、ダニ、蚊等の吸血行為から感染。

可能性のある感染症
・狂犬、ライム、フィラリア等


20140310_10


<<人への影響も懸念される感染症>>

カンピロバクター、サルモネラ等中毒症状が出るもの。
狂犬、レプトスピラは致死率が高い。検疫対象。
ライム、ブルセラ、エキノコックス、最近ではSFTSも。


いずれにせよ、普段から清潔な環境を心掛ける事。
適切なワクチン摂取で防げるものが殆どであると知る事。

散歩は勿論、管理敷地以外ではきちんとリードで係留し、
何を臭ったか、何を食ったかを把握出来る様に。

例え管理敷地内であっても、リードを離す前に場内を一周して、
糞便や嘔吐物が無いか確認する習慣も大切。

大概、場内トラブルには関知しない旨表記だし。


/// 重要 ///
私がもし動物嫌いで血も涙も無い悪魔なら、
放置された犬の糞便に業を煮やし、
自分の敷地内には毒団子を置くかもね・・・。
//////////


極端な例えしちゃったけど、
河川や海岸なら釣り糸などの仕掛けや、
餌が付いたままの釣り針が放置されてる事も多い。
害獣の多い地区の畑なら仕掛け罠があるのも普通。
個人の敷地内に撒かれた殺鼠剤。
毒性のある植物や毒蛾の幼虫にも注意。

ワクチンのみならず、
そんな所に目を向けて見る事も大切だと思います。


20140310_9

朝から病院行ってぐったりのNagi子さん

続きを読む "犬の病気~感染経路の話"

| | コメント (0)

原因発見

2014/03/10 0:00

深夜日付が変わる頃、歯磨きと共に歯石チェック。
以前から動揺していたNagiの奥歯。
スケーラーを当てると簡単に浮く。
少し力を加えたら、抜けた。
上の右最奥と下左の最奥歯。

Nagiのテンション復活@@
「ご飯!」の声にとびきりの反応、ホッ。

はっきりした事は分からないが、どうやらこれが原因だったらしい。

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

何かおかしい

2014/03/09 22:30

朝からNagiの調子が悪い。
脈:正常
体温:37.75℃ 水銀体温計にて肛門計測
食欲も排便も排尿も問題無し。

出来るだけ保温に努め様子見。
何か気にしてるとか苦しそうにしてるとかも無し。
ただテンションがいつもと違い凹気味。
極めつけの「ご飯!」の声にも乗って来ない。
何かおかしい。

明日の午前診に行こう。

| | コメント (0)

2013 犬にかける費用

2013 犬にかける費用


アニコム損保契約者へのWEBアンケートによれば、
昨年2013年に犬にかけた費用(恐らく平均、多頭も含むと思われ)は、

331,026円

2014年1月プレスリリース、回答数2,027


33万円!

対象がアニコム損保契約者のみなので、
愛犬に対する投資の意識が高めな群の数字ではあるけれど、
貴方や私の愛犬にかけた費用がどの程度のものか?
の物差しになるんじゃ無いかと思います。


Run


イタグレ二頭飼いの当家の場合

幸いにも病気らしい病気も大きな怪我も無く、
それなりに健康で過ごしてくれたので、
医療費は狂犬病やワクチン、フィラリア予防等の基本的な費用と、
怪我で救急時間外受診した際の治療費・・・その他諸々

医療費8万円
フード10万円
服地1万円
DR2万円
ペットシーツうんち袋3万円
シャンプー洗耳オチック0.5万円
玩具やトリーツ0.5万円
こんなもん?〆て25万円/2頭

・・・アニコム加入してたら同じぐらいの金額か。

実際は脱Dryフードも併用してて人用食材と兼ねてたり、
無料DRやDR併設のキャンプ場利用でラン代節約してたりするから、
もちっと下がるとは思うけどね。


蛇足で一つ愚痴っとこう。
フィラリア予防薬。
小型犬用x10ヶ月処方で5千円/頭ぐらい。保険適応外。

AHのDrって兎に角持ち込み薬剤嫌うよね。
輸入カルドメやハートGなんて口にしようものなら摘み出される勢い。
通販フロントL+でギリセーフみたいな雰囲気。

処方イベルは~5kgなら500円/粒
二頭飼いなので~10kgの700円/粒を半分ずつ飲ませて節約したい!

・・・とか言ってみたい今日この頃


狂犬病ワクチンのご案内が届くこの季節。
フィラリア予防から始まって、
一年間の予防接種計画を立てる時期ですね。

間違って覚えてる人が多いけど・・・
☓)フェラリア
○)フィラリア


啓蟄過ぎて春本番、諭吉旅立つ予防薬
飼い主の懐はまだ当分冬模様。。。

チャンチャン


20140308_6

父ちゃん・・・

20140308_8

これも新調して>v<

続きを読む "2013 犬にかける費用"

| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

ブルーとハゲの関係

ブルーとハゲの関係


イタグレって・・・ブルーの仔はおハゲ多いよね。
仔犬の頃はスペシャルベルベットタッチだったのに。

ブルー系の退色因子が累代して出る負の特徴。
・・・うちもそうだから。


今じゃすっかり・・・ずる剥け状態。

20140307_18


これでもちゃんと産毛は生えてんですよ?
毛量ごっつ少ないけど。


20140307_20


もしかしたら・・・


20140307_19


Silverback2


シルバーバック(※)なのかも知れない


※シルバーバック
成熟した雄のゴリラの背に見られる灰色の毛が鞍(くら)形に発達した状態。


あ、うちの子メスか・・・。

続きを読む "ブルーとハゲの関係"

| | コメント (0)

2014年3月 7日 (金)

優勢遺伝と劣勢遺伝の話

優勢遺伝と劣勢遺伝の話


とってもざっくり書きます。

黒犬と白犬を交配させると
子黒犬が三匹、子白犬が一匹産まれました。

黒犬の数が多いので、優勢の順位は

黒>白

産まれる確率が高い色を優勢、低い色を劣勢
として表現します。

また、

子黒犬のうち、一匹は黒い優勢遺伝子だけを。
子黒犬のうち、二匹は白い劣勢遺伝子のキャリア。
子白犬は白い劣勢遺伝子だけを。
と言う事になります。

優れているから優勢、劣っているから劣勢。
これは間違いで、出現しやすいか否かの優劣です。


また、黒犬と白犬を交配させても黒白にはなれど、
灰犬は産まれません。

灰色は黒色の優勢遺伝子を持つものの、
その色素が薄い退色(希釈)であると言う事。

退色した場合、身体的に弱い特徴を併せ持つ可能性が高く、
退色遺伝子(希釈因子)を持つ犬として表現されます。
成長に伴って、黒毛や赤毛が出る場合も多く、
優勢因子である黒や赤の遺伝子を持っているからと言えます。
高齢化による退色とはまた別物。

希釈因子の他にも斑(ブチ)因子や、
それぞれの犬種特有のカラー因子があり、
身体的な因子、性格的な因子、体質的な因子・・・etc


犬種により、優勢色は違いますが、
「ふ~~~ん」程度にご理解頂ければと思います。


あ~た、優勢遺伝子も劣勢遺伝子も持ってるけど退色遺伝子を持った子なんだよ

20140307_15

ふ~~~ん


2014/03/07 記述の一部を訂正、補記

続きを読む "優勢遺伝と劣勢遺伝の話"

| | コメント (0)

2014年3月 6日 (木)

抜け毛の季節

19191960_2053054219_174large

コロコロが微妙に気持ち良い。。。Nagi子さん7歳5ヶ月


・・・なんて朝も早からblogなんぞ更新してたら・・・


朝ババでテンション↑になったUoo子登場

20140306_1

何その写真撮れアピール・・・。


仕方無いんでカメラ向けたら

20140306_5


20140306_6


20140306_7


20140306_8

スマイル作ってやがるし


こやって記事に載せてる間
既に膝の上炬燵で二度寝のUoo子さん。。。6歳8ヶ月

なんだかなぁ

続きを読む "抜け毛の季節"

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

季節の変わり目は癲癇に注意

季節の変わり目は癲癇に注意

癲癇(てんかん)は先天性の遺伝要素の強い疾患として知られています。
後発的な要素としては脳内の疾患による場合。

癲癇は何の予兆も無く、ある日突然発作として現れます。
症状は、本犬の意思と反した動作、眼球の動揺や四肢の緊張など。
発作を起こした犬を目の当たりにすると、
産まれたての子鹿の如く見えるかも知れません。
嘔吐や失禁を伴う事もあります。

※「癲癇 発作」で検索すると発作時の様子を動画で拾う事が出来ます。


19191960_2053105813_75large_2


/// 飼い主が行う事 ///

・まずは冷静になる事
・ワンコの物理的安全確保と呼吸の確認
・屋外なら出来るだけ刺激の少ない安全な場所へ移動
・発作の状況や日時を記録
・記録と状況を踏まえ受診(発作が連続して起こる場合は救急受診)
・落ち着いてからで良いので「癲癇」についてお勉強


/// 飼い主以外は ///

・騒がず、ワンコと飼い主だけで落ち着ける様に配慮
・野次馬しない、囲まない、距離を取って静かに見守る
・発作時間の計測などフォローしてあげる
・飼い主が多頭オーナーの場合は他犬を係留してあげる


癲癇の発作は脳の神経伝達経路に何かしらの問題が起こり、
行動のコントロールが出来ない状態。
主に発作の頻度で処置が変わる。
一日~数日の内に何度も発作に見舞われる様なら、
脳内の疾患を疑った検査と観察が必要。この場合は致命的になる場合もある。
よって、初めて発作が起こった際は受診して経過観察すべき。

先天的な癲癇の場合、投薬には充分な検討が必要。
治癒の為の投薬では無く、相対的な精神の抑制が目的。
言わば精神安定剤の類。一旦投薬を開始すると一生涯となる。
投薬が前提での伝達回路が確立してしまい、
投薬を止めると神経が過敏になり過ぎ発作を助長してしまう。
脅迫神経症を引き起こす原因になる事も。
発作=即投薬と判断する獣医師とはお付き合いを止めましょう。
月をまたぐ頻度で投薬に踏み切る事は稀。


人の手では治癒出来ぬ負の遺伝。
癲癇のみなら飼い主の精神衛生上以外さほど問題では無いが、
他の疾患が併発した場合に大きな障害となる事もある。

続きを読む "季節の変わり目は癲癇に注意"

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »