« 祝!一歳 | トップページ | 妹の逆襲 »

2008年7月 3日 (木)

できたの~続き

昨日、発疹が湿疹に状況悪化し本日受診

結果、抗生物質の投与を続け様子を見ましょうとの事

状況を確認してみると、
後頭部~背中にかけての湿疹(いわゆるジュクジュクした発疹)
痒み無し、その他体調の変化無し
以上の事象から※日和見感染と考えるのが無難だろうとの所見
当面は入浴を避け、抗生物質の服用にて治療
察するに、首のしこり首のしこり~その後も言わば免疫低下の症状であり、
抗生物質の投与が終った時点で免疫低下の症状が別の形、
湿疹となって今回に繋がっているのではないか、との事

※日和見感染
健常人では保菌・定着しか起こさない非病原性あるいは弱毒性の病原体が、
宿主の免疫低下に応じて感染を生じるもの。(Wiki)

そいや、最初に発疹を発見したのは処方薬無くなったその日だったわ;;
抗生物質で抑えられてた感染症が投薬終わって噴出した、なるほどね

その他、肛門絞りについての確認
Q.肛門線(肛門嚢)は左右2箇所あるはずだが、
 いつも片方しか絞れていない気がするので確認して欲しい
A.本来気張る時に自然に排出されるもの
 小型犬はうまく排出出来ない事があるので肛門絞りが必要な場合も多い
 恐らく片側は自然に排出出来ているのだろう
 指を当てた時に肛門嚢の膨らみに偏りが無ければそれでOK

BW4.0kg

|

« 祝!一歳 | トップページ | 妹の逆襲 »

b) Uooの健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝!一歳 | トップページ | 妹の逆襲 »